うちの固定通信回線はKDDIの「ADSL one」と思いきや、「メタルプラス電話+IP電話&ADSL レギュラーコース (e)」です。引っ越し先(=今住んでいるところ)への新規開設でメタルプラスを申し込んだのですが、「NTT+DION ADSLで申し込み、後からメタルプラスに切り替える方が開通が早い」と言われてそのようにし、メタルプラスに切替後にメタルプラス用のADSLサービスに切り替えなかったため、このような変則的な組み合わせとなっております。この申し込みをしたのは2006年3月ぐらいですが、メタルプラスにしたけどADSLはそのままって方はきっと他にもいると思いますよ。

そんなメタルプラスさんは、サービス利用者減少に伴い、2016年6月末でサービス終了となるのです。

過去2回、機種変更をする度に光回線への申し込みを薦められ、かつ来年にはサービス終了と言うことで、真剣にネット回線切り替えを考えてみました。

まず、前提条件として「賃貸住宅なので壁に穴は開けたくない」ってのがあります。光回線にしない理由はこれのみです。なので、切替先候補は物理的に回線を引く必要の無い「NTT フレッツ・ADSL+au one net フレッツ・ADSLコース」一択となります。
参考までに「auひかり+au one net」も検討。光にするならKDDIから他に乗り換える理由は無いのでこれだけです。

で、「固定電話サービスを使う」前提で、料金面で比較したのが次の表です。

  フレッツ・ADSL auひかり (参考)
メタルプラス
電話
利用料
1,850(加入電話ライト) 500(オプション) 1,500(メタルプラス電話)
ネット
利用料
2,800(フレッツ利用料)
540(モデムレンタル)
1,250(au one net)
6,300(標準プラン) 3,780(au one net)
合計 6,440 6,800 5,280


なんというか、フレッツ・ADSL利用時とauひかりの差が400円程度で、ましてauひかりは年間契約とかすれば1,000円以上安くなる訳でして・・・。本当、光にした方が「安い・速い」に今はなるんですね。

って事で、方針転換。
auひかりへのコース切替の方向で手続きを進めていくことにします。ネックは前にも書いたとおり「穴開け」ですが、大抵の家には電話線用の引込管があるそうなので、それを通せるだろうという憶測のもと、「穴開け工事もないしエアコンの配管も使わないで通せる」と信じてみようと思います。

まずは不動産屋さんに、光回線引いても大丈夫か確認するところから始めますかね。