あと1週間で引越なのですが、全くと言って良いほど進んでおりませぬ(´・ω・`) 1時間かけて箱1つに荷物詰めて、2時間の休憩ペースです。この暑い時期にやっちゃダメですわ、本当に。

さて、そうは言っても必要な手続きは進めないと、荷物を移動したところで大変困ることになります。本日は固定通信回線の移転手続きをしました。今回の引越最大の目的ですね。ってことで、シリーズ「auひかりを入れたいから引越を考える」の9回目です。 なお、通信回線以外のインフラ、東京電力と横浜市水道局については先日、ネットからサクッと申し込んでおります。

前にちらっと書いた「au one net ADSLの利用者特典を受けるために、いきなりauひかりではなくフレッツ・ADSLにする」の方針で、電話回線をNTTに、プロバイダをKDDIにします。可能であれば、今の電話番号(元々NTTからKDDIに移転させた番号)を継続して使えれば良いなと言う目論見です。
先だってKDDIのサポートセンターへメールにて「メタルプラスで使っている電話番号を引越先でNTTの番号として使いたいがどうすれば良いか」と問い合わせたところ、回答は『NTTに聞いて欲しい』でした。ってことで、まずはNTTに電話をしました。

結果を言いますと、問題なく手続きは終わりました。話としては、
  • 引越先で新規に電話回線を引きたい
  • 今KDDIのメタルプラスを利用しているが、できればこの番号を使いたい
  • 同時にフレッツ・ADSLも契約する
を伝えました。オペレータさんも慣れているのかマニュアル化されているのか、「あー、メタルプラスなんですね」なんて話を分かられている感じでした。ケースとしてもメタルプラス、というかNTT外の直収電話からNTTに戻すことが多いんですかね。
困ったことと言えば、本人確認用の書類をFAXで送ってくれと言われたぐらいで。数年前だったらFAXがありましたが、今は固定があってもシンプルフォンしか無く、どう送れば良いのだろうと迷いましたが、コンビニから送れば良いとのこと。で、送ったあと、折り返しで電話が来まして、このまま手続きを進めて頂けるとのことでした。
なお、フレッツは「モアIII(47MB)」で申込をしましたが、オペレータさん曰く、住所から調べたところ『「8M」でも変わりませんが、8Mにするか光にしませんか?」だそうで。さすがに「すぐauひかりにするので」とは言えないので、「あーでは、8Mでお願いします」って感じで8Mになりました。でも確か、使用する規格が違うから、同じ距離でも8Mよりモア以上の方が速くなると思ってたんですが、今は違うんですかね( ̄~ ̄)?
ってことで、NTTの手続きはこれで終わりです。

続いてKDDI。こちらも
  • 引越と同時にフレッツ・ADSLコースにしたい
  • 利用しているメールとホームページ公開サービスは継続して使いたい
などを伝え、特に問題も無く手続き終了。途中、「メタルプラス電話をご契約のようですが、新住所ではどうされるのですか?」と言われたので、NTTに申込済みであること伝えました。また、あまり気にしていなかったのですが、引越前の料金(=メタルプラス分)については、最初は月額丸々請求されると説明されましたが、あとで訂正電話が掛かってきて、日割りで請求されるとのことでした。てか、9月請求分すごいことになりそうですな(-_-;)

てな感じで、これで通信回線の手続きは終わりとなります。
後は各種案内とかの郵送物が来るのですが、これが統一されていなくてですね。NTTは書類は新住所に、モデムは旧住所に来るそうです。KDDIは利用開始案内とレンタルモデムの返却伝票がどちらも新住所に届くそうです。欲を言えば、新住所で使う物はすべて新住所に、旧住所でさよならするものは旧住所に送付してもらいたいものですね。

なお、NTTの電話回線工事およびフレッツ工事は引越に合わせて8/17(月)の午前中に実施予定とのことです。ってことは、引っ越したと同時にネットは使えるようになっているはず・・・。これは助かりますなヽ(´ー`)ノ