わんちゅう日記

気ままにヒトリゴト

タグ:LS-GL

NASとしての準備は整ったので、LinkStationの旧HDDからデータのコピーを行います。
旧HDDはSATA-USB変換アダプタを付けてLS-GLに接続しました。さて、何をどうマウントすれば良いですかね・・・?

続きを読む

ここまでの作業は全て後期型のLS-GLで行ってきました。これの位置づけはほぼ実験で、実運用は前面の吸気口が多い前期型のほうが良いかなと当初から考えていました。実験は『成功』でしたので、前期型で再挑戦してみました。

前期型にまっさらにしたHDDをセットし、その3と同じ手順でインストール。問題も無く終わったので、固定IP化。するとここで問題発生。なんと、SSHで繋がらなくなってしまったのです。復旧もできずDebianを再インストール。が、固定IP化するとまたダメ。材料があったので即席でシリアル接続ができるようにし、原因を探ってみました。

続きを読む

さくっと共有設定もしてしまいましょう。

続きを読む

順調に進んでおります。 とりあえず、マシンとしての設定は前回までで終わっていますので、NASとして使用するための設定に入ります。まずは、物理的な共有領域を用意します。

続きを読む

「鉄は熱いうちに打て」って感じで、さっさとやってしまいましょう。 Debian8の諸設定を行います。

続きを読む

前回の記事は2011年なので、5年ぶりみたいですね。
2011年当時はLS-GLをDebian化するには色々な手順を踏まなくてはいけませんでした。が、時間と熱意を持った方々の活躍も有り、現在ではLS-GL向けのパッケージが配布されるようになりました。
ってことで、今のLS-GLの空き容量も減ってきたし、ちょうど良いかなと思い、インストールしてみました。

続きを読む

旧LS-GLの外付けHDDから新LS-GLへコピー作業を継続中のわんちゅうさん。先ほど失敗しました。
cpコマンド実行中にTelnet切断したら、cpコマンドが止まっちゃったんですよ。「Telnetの切断=ログオフ」なので、よくよく考えたらユーザーが実行したコマンドはログオフしたら止まりますよね。それを勘違いしていて、Telnet切断後も実行中のコマンドは継続されると思ってたんです。そんなわけで、今は1フォルダずつコピー作業を行っています。

で、これじゃあPC経由してコピーしていた時と変わらないぞ、と方法を探したら、見つかりました。「コマンドをバックグラウンドで実行する」という方法を取れば、Telnet切断後もコマンドが実行され続けるそうです。

続きを読む

Debian化するLinkStaion(LS-GL)を長いこと放置していたわんちゅうさん。なんてたって、前記事が3/26ですからね。約4か月の放置です。
で、Debian化しなければなとも思いつつも、すでにNASはいっぱいなので交換は急務。かといってそんな簡単にできそうなものでもないと。だったら、先に使えるNASを用意して余ったHDDを使ってDebian化の練習をしてみようとなりました。そんなわけで、本日よりLS-GLが復活。容量は750GBから増えて1TBとなりました。HDDは当然のごとく日立GST製です。

が、Telnetが使えるようにはしておこうと、それだけは施しました。なので今回「その2」となっています。以下、手順ですが、これはLS-GLのファームウェアがVer1.15でのものです。これ以外だとちょっと違うようですよ。

続きを読む

まあつい30分ほど前から始めて、今終わったばかりなんですが…。

そんなわけで、2か月ほど前に思い立ってHDDも買ったのに今まで手を付けていなかったLinkStation(LS-GL)のDebian化計画。その1歩目を踏み出すための工程が終わりました。まあ、空のHDDにLS-GLのファームウェアを入れただけなんですけどね。

続きを読む

1日中コタツで寝ていたわんちゅうさん。だって、寒かったし、頭痛かったしだるかったしで、コタツから出られなかったんですもん(:_;) きっと頭痛いのとだるかったのはコタツで寝ていたせいだと思いますが、そんな感じで今日やろうとしていたことは全くできませんでした。

で、その今日やろうとしていたことは、『LinkStationのDebian化』です。

続きを読む

このページのトップヘ