わんちゅう日記

気ままにヒトリゴト

タグ:PIXUS

プリンタが壊れました。2008年年初に購入したキヤノンのPIXUS MP970。正確には、一部カラーインクの吐出ができなくなっただけで、カラーインクが関係ない片面モノクロ印刷は可能で、スキャナも使えます。とは言え、Windows10向けドライバも提供されていない(非公式でWindows8.1向けが使用可能)ので、もうそろそろ潮時かなと。

で、久々にPIXUSのラインナップを見てみたのですが、「種類がありすぎてよく分からん」と。それを整理すると、個人向けは次の2シリーズになるようです。
  • 本体は安いが、インクタンクが高いTSシリーズ
  • 本体は高いが、インクタンクは安いXKシリーズ
いや~、こう性格が違うシリーズが用意されると、どっちがお得になるのか分かりにくいですね。

そこで、MP970での実績を元に、今後12年使うと仮定して、その際のランニングコストを本体価格を含めて比較してみました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷物が多くてパソコンを落とせない=寝れないので、ちょっとプリンタに関することを書いてみようと思います。

プリンタを長持ちさせるにはどうしたらよいか。それは純正インクを使い続けることでしょうね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日に注文した『PIXUS MP970』が本日到着。
昨日書いた"欲しいものリスト"から消えたのはコイツなのです。

今回MP970を選んだ理由は、ネットワーク接続にオプション無しでできるから。
下位機種のMP610でも良かったんですが、こっちだと別途プリンタサーバを買わなければなりません。
ネットワーク接続を前提にしていたんで、合計金額が同じくらいになるなら、上位機種買っちゃえ! となったわけです。

なので、最近のプリンタの"ウリ"は"写真画質"ですが、これにこだわった訳では無いんですよ。
むしろ、両面印刷とかプリンタドライバの使いやすさとかいった"使い勝手"でキヤノン選んでます。

ただひとつ残念なのが、単機能プリンタ(下位機種除く)では実装されている「自動電源ON/OFF」の機能が無いこと。
これがあれば、プリンタに電源が入っているか確認することなく印刷を実行することができ、終わる度に電源を切らなくてもいいのですよ。
この機能はぜひ複合機にも実装してほしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は「交換用インクが無くなるまでは使い続ける」と言っておりましたが、新たな不具合が発覚したため、新しいプリンタを注文してしまいました(^^;)

その不具合とは、「カラー印刷時に変な筋が入る」というもの。以前はヘッドリフレッシングをすることで解消されていたのですが、今回は何回やってもダメ。
修理するとしても、廃インクタンクの交換+プリンタヘッドの交換だと、ゆうに14000円超えるね。と判断したため、注文しました。

なお、今回注文したプリンタは実家に置くため、わんちゅうさんはどうあがいても使えないんですね、これが(:_;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

実家に帰ってくるとPC周辺の何かが必ずトラブルを起こしています。
今回はプリンタ。

どうも「廃インクカートリッジ」とやらがいっぱいになったそうで、電源入れてから一回リセットボタンを押さないと印刷が始まらないようになってしまいました。

交換は自分ではできないので、業者さんにお願いすることになるのですが、その費用は12,000円弱。
ちなみに、店頭で売っている単機能プリンタの上位モデルの値段が、14,800円です。

真っ先に買い替えを検討しましたが、注文する直前で交換用インクタンクがまだ大量にあることに気づきました(-_-;)

とりあえず、今回の買い替えは見送って、交換用インクタンクがなくなるか、本当に印刷ができなくなるまでは使いつづけることに。

毎回トラブル起こしているなら、もう実家に帰ってこないほうがいいかな…?
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ